本文へスキップ

明治維新胎動の地にて 成功への習慣を身につけよう!子ども世代のロボットプログラミング教室

教育方針policy

方針

教育方針イメージ


Endo IT トレーニングは

小学生からの
ロボットプログラミング教室をとおして

成功への習慣を
身につけること
ゴールに設定しています。

(2017-2019年)


トレーナー紹介

目標イメージ


さとっち メイン トレーナー
  
日本の将来を担う子供たちに
       トレーニングを開始

  平日、現役ネットワークエンジニア。
      
大手通信会社の社員教育を担当中。


まゆっみ サブトレーナー
  子どもたちの将来に向けて、
       トレーニングを始動
  平日、 受付・段取り・セミナー準備
    
  ( 大手会社50社、官公庁、学校3校ほか
      
オンサイトPC研修を経て、開塾 )


トレーニングメニュー

時期 メニュー トレーニング内容
段取力トレーニング_1 最初 さまざまなカタチのパーツを、親といっしょにそろえる。
目標 当日つかうパーツを、じぶんでそろえて持ってくる(キッズ)
解体力トレーニング 現状 解体さぎょうや、お片付けさぎょうを知らない。
目標 ロボットの仕組みを見抜き、順序よく解体していく。 
一    PCトレーニング マウス・タッチパッド操作、保存操作など、コナレていく。
一   プログラミング学習 「考える」力、「トライする」力、「発見する」力のパワーアップ!
 スケジュール管理 当塾と、学校、他の行事の調整ができ、自己練磨スタイルの確立
段取力トレーニング_2 説明書を自分の力で読み解き、ロボットを組み上げていく
タッチタイピング 10本の指を使ってのキーボード入力をマスターする
 伝達力トレーニング 理解したことを、仲間に伝える力を養う。
     

information

当教室の授業

では、なまえで呼び合っています。

てんくん「さとっちー!変になった」
さとっち「どうした?」

ゆうじん「まゆみ先生、ソレ忘れた」
まゆっみ「では、この目玉で」